40歳以降の転職 – 積み上げたものの活かし方

af9960003928l
 世間的には40歳以降の転職は、遅いという印象があるが、高齢化社会において、最近では一般企業が即戦力を優先として採用しているので、定年を過ぎていなければ、決して年齢の事を考えないで転職活動を行う事が大切です。

【特集】
50歳 転職
ニーズ、あります。50歳以上の転職、成功体験談はこちらです。

 企業側が求めている必要な人材は、就職する際の地位によって変化してくるのが特徴です。現代社会で最前線で働く社員としての地位であれば、35歳ぐらいまでが対象であるが、仕事に関する専門性や経営に関する経験があれば、40代以降の人が対象になるので、転職を成功させる際に重要な観点は、現時点での年齢における仕事の積み重ねてきたものです。逆に言えば、40代以降の人であっても、他の会社で通用できる仕事に関する専門性や経営の経験が持っていなければ、専門性や経営の経験がある人より転職活動に苦労する場合が多いです。

 現時点において、転職者が自分自身の仕事の専門性や経営などの経験に乏しくて、これまでの経験が通用しないと感じたら、仮に現時点で会社に勤めていたとしたら、今働いている会社で数年間は頑張って、キャリアを身につけていく事も転職の方法としての選択肢であると言えます。

 仮に働き続けて、ある程度キャリアを身につけたと感じたならば、積み重ねてきた仕事の専門性などのキャリアをしっかりと応募先にアピールする事が重要であって、具体的に積み重ねてきたキャリアを生かせる要素を踏まえて転職活動を行わなければならないのです。

web analytics