40代後半で転職をした知人の場合

af9960003928l
 ひと昔前に比べると、転職することへの抵抗感というものは少なくなっていると思います。私自身、仕事柄いろいろな方の転職を見てきましたが、いまはとても転職しやすい環境になっているようです。これは、私の知人の転職にまつわる話です。彼は2年前に、転職をしました。もともとは、いわゆる普通の営業マンで、毎日得意先を周り、業務をこなしていました。営業成績は決して良いとは言えず、かといって、極端に悪いということもなく。これといって特徴がない、というのが彼の特徴だったのかもしれません。そんな彼が、2年前に転職を考えていると私に相談してくれました。理由は、このままで本当にいいのか自分の生き方に悩んでしまったから、と言うものでした。

 幸か不幸か、彼は独身であったため、転職にともなうリスクは低いと思われました。そこで私は、彼が何をしたいのか聞くことにしました。彼は、鍼灸師になりたいと答えました。まったく予想外の回答です。しかし、話を聞いていると彼なりに真剣な思いがあり、すでに勉強もはじめていたのです。彼のように、独立も可能な資格を取得できれば、転職は何歳からでもチャレンジできるでしょう。しかし、企業から別の企業への転職は、よほどの幸運に恵まれない限り、年齢があがるほど厳しくなっていくのが現実です。転職をお考えの方は、今一度ご自身の環境を鑑み、後悔のない決断をしてください。

web analytics